RSS | ATOM | SEARCH
初夏へ
こんにちは。

四月も残すところあと五日、来週半ばにはゴールデンウィークが始まります。

朝晩はまだ肌寒いですが、日中は20度を越えだんだん気持ちのいい季節になってきました。



桂馬蒲鉾では、かまぼこづくりに使っている原料の魚や副材料の旬の野菜などで季節を感じることができます。

本日も、少量ですが初夏の魚が入荷しました。







鱛(エソ)です。

白身で質も良く美味、癖の無い淡泊な味で歯ごたえも良いため、最高級品として蒲鉾業界では重宝されているのですが、漁獲量が少なくなかなか入荷されません。



五月に入れば、期間限定でその日仕入れたエソから採れた「エソの子」を職人が炊き上げる『鱛の子煮』をお届けできると思います。

その日の入荷状況で商品が出来ない場合もございますが・・・。

『鱛の子煮』、ご飯にもお酒にも合うんですよねー♪





仲村
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 13:30
comments(0), -
職人の手しごと
こんにちは。

今週は寒い日が続きました(>_<)

真冬並みとなった8日は、東京で五年ぶりに『四月の雪』となったようです。

雪と桜の映像が幻想的でしたね。



尾道も今日は朝からの雨で肌寒い一日となっています。

でも、製造現場では早くも初夏の爽やかな風が(*^_^*)







何を描いているかお分かりになりますか?







五月の空に見かけるアレです(o^^o)♪







だんだん見えてきました♪







窯で蒸し上げ、出来上がったのは・・・







じゃーん!!

鯉のぼりの可愛いかまぼこでした〜(*^_^*)







お子様の大好きなほんのり甘いスイーツのような梅焼や柿天、豆竹輪をお詰め合せいたしました。

端午の節句お祝い蒲鉾詰合せ

保存料・添加物を使用していないので、お子様にも安心してお召し上がりいただけます。

可愛くて美味しい蒲鉾は、職人がひとつひとつ心を込めてお仕立ていたします。



5月5日の子供の日のお祝いにぜひどうぞ(^-^)





仲村
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 11:55
comments(0), -
赤土ごぼう天今日から製造始まりました
こんにちは。

立冬も過ぎて、だんだんと寒くなってまいりました。

11月も中旬に差し掛かり、冬はもうすぐそこまで来ています。



桂馬の冬!と言えば季節限定『桂馬流 煮込まないおでん』と『赤土ごぼう天』です(*^_^*)

煮込まないおでんは少し前から始まっていたのですが、

赤土ごぼう天は今日から製造開始です♪





赤土ごぼうは毎朝洗って、通常のごぼう天に入るごぼうよりかなり大き目にササガキにします。

すり身と合わせたら、一枚ずつ鉄板に手採りしていきます。







赤土ごぼう天は、ごぼうの量が多く(通常のごぼう天の約3倍です!)手採りするのはなかなかの職人技を要します。

慣れない人が採ると、揚げている時に赤土ごぼう天が壊れてしまいます。









採り終わったら、フライヤーへ。

これも丁寧に少量ずつ油の中に入れていきます。







高温で揚げます。







揚がったすぐの赤土ごぼう天、美味しそう〜(^O^)







たっぷりの赤土ごぼうをお分かりいただけますか(^-^)







赤土ごぼう天 ヘギ包み

今年初登場のご自宅向きの商品です。







ご贈答に

赤土ごぼう天入 冬の竹篭盛

ごぼう好きな方に嬉しい贈り物はいかがですか。






仲村
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 14:20
comments(0), -
細工蒲鉾『寿松竹梅入り蒲鉾三本組』
こんにちわ。



先週末、岡山のお客様より『寿松竹梅入り蒲鉾三本組』のご注文をいただき、大切な記念の日にお使いくださいました。









ひとつずつこぐち切りをし、蒲鉾の形成をしていきます。







丁寧に細工を施していきます。

画像は梅の細工中です。







窯で蒸しあがった蒲鉾

色彩もより一層鮮やかに。









松竹梅三本が揃いました。



出来上がった『寿松竹梅入り蒲鉾三本組』全59セットは桂馬蒲鉾三代目である社長自らお届けに向いました。



大切な記念に桂馬蒲鉾をお選びいただきありがとうございました。





utumi
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 13:32
comments(0), -
でっかい『鮸(ニベ)』がきました!!
蒲鉾づくりで通常使っているのは『グチ』という魚ですが

グチと同じニベ科の鮸(ニベ)も使います。



そのニベのでっかいのが入荷されました。

四国・八幡浜で獲れた約7キロの巨大なニベです。











比較してみました。

下の2尾が通常サイズのグチです。

かなり大きいのがお分かりいただけるでしょうか。













utumi
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 13:21
comments(0), -
瀬戸内の蛸
皆さま初めまして、魚管理担当の内海です。



今日は桂馬蒲鉾の夏天『地蛸天』に使われている瀬戸内の蛸をご紹介します。

尾道港に水揚げされた瀬戸内の新鮮な蛸が早朝4時過ぎに桂馬に届きます。







表面のヌメリを取るためにごく少量の酢で揉みます。

その後茹でていきます。







茹であがった蛸。







使いやすい大きさに切っていきます。









蛸は低カロリーで、タンパク質やタウリンが豊富です。

また、亜鉛も多く含んでいます。



夏場が特に美味しく、タウリンを補給して夏バテ防止にもいいと言われています。









桂馬の地蛸天は夏限定の商品です。

夏天入り詰合せ特集ページもぜひご覧ください。





内海
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 12:15
comments(0), -
地海老寄せ夏蒲鉾
こんにちは、尾道は昨日梅雨入りしました。

平年より3日早いそうです。

でも、昨年は5月27日ごろだったんですよね。

5月に梅雨入りって!!とびっくりしたのを覚えています(^^;





さて今日は『地海老寄せ夏蒲鉾』が出来るまでをご紹介します(*^_^*)



『地海老寄せ夏蒲鉾』は、瀬戸内海でとれる地エビを香り木の芽とあわせる夏限定の蒲鉾です。



まずはエビの準備です。



ふっくら蒸しあがったエビ、これだけでも美味しそう〜♪





殻を剥いたエビの背ワタをひとつひとつ丁寧にとっていきます。



次は蒲鉾の準備です。





海老板用の型枠にすり身を入れ、形成していきます。





バランスよくエビを盛り付けます。





木の芽も一枚一枚丁寧に貼っていきます。





木枠に収め、窯で蒸します。





蒸しあがりました〜o(^o^)o



エビの赤色と木の芽の緑が目にも鮮やか、夏ならではの逸品。

暑い日に、キリッと冷やしたお酒と一緒にいただきたいです(^-^)

お酒の肴にもお勧めですが、無添加ですので、お子様にも安心してお召上がりいただけます。

オヤツとしていかがですか。







はも皮夏蒲鉾、夏の焼蒲鉾と地海老寄せ夏蒲鉾がセットになった夏蒲鉾三宝揃は、夏のはもの旨みをご堪能いただけるお詰合せです。







夏蒲鉾三宝揃











仲村
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 13:14
comments(0), -
新年もよろしくお願いいたします。
新年あけましておめでとうございます。

もう明けて一週間以上経ってしまいましたが・・・

ご挨拶が遅くなりました。



年末に蒲鉾の小口切りについてブログ更新しようと思ってたのですが

なかなか出来ず

でもせっかく写真を撮ったので少しご紹介します







蒲鉾の両端を少し切り、形を整えていきます。

見た目は簡単そうですが、なかなか難しいんですこれが・・・(>_<)

切りすぎてもダメ、切らなすぎてもダメ

ちょうどの加減のコツを掴むまでかなり苦労します。







桂馬蒲鉾に入社すると、まず手始めに『小口切り』が出来るよう練習します。

だから、製造スタッフは全員が小口切りが出来ます。

年末は手が空いたら少しの時間でも交代しながら蒲鉾の形成をしていきます。



この後、板付けした蒲鉾を生の状態で焙り、その後蒸し上げ、

さらにもう一度焙るという工程を経て、

美味しくて美しい縮緬皺のかまぼこが出来上がります。







今年も美味しいかまぼこ造りに励んでいきたいと思います。

本年も桂馬蒲鉾商店をよろしくお願いいたします(^-^)



仲村
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 12:51
comments(0), -
桂馬のこだわり
こんにちは、今日は台風の影響で尾道でも
朝から強い雨が降っています。



先日、お客様とお話をさせていただく機会がありました。、
当店の蒲鉾にお詳しい方だったのですが、
なんと桂馬の一番のこだわり
『毎朝生の魚をさばくところから作りはじめる』
ということをご存知ありませんでした。

製造スタッフ、ショーーーーーック!!!!


そこで製造のあれこれを少しずつ書いていこうと思います。

桂馬の製造は早朝4時半から始まり、
毎朝、新鮮な魚をさばきすり身を作ります。



ハモをさばいています。




こちらはしろぐちです。


4時半から6時くらいまで(もちろん早朝です!)が
魚をさばいたり、こぼうや玉ねぎなどの天ぷらの材料を刻んだりと
下準備時間と言えばいいでしょうか?



それから石臼ですり身を作っていきます。
作り上がった順番に7時頃よりやっと製品作りです。

桂馬の蒲鉾は『新鮮な魚を一からさばき、化学調味料や保存料は
無添加なので安心してお召し上がり頂けます』(^-^)

小さなお子様にもどんどん召し上がっていただきたいです。


ところで私、仲村はごぼう天を毎朝揚げています。

ということで個人的にこぼう天をPR(๑≧౪≦)



ごぼう天入りお詰合せ
↑クリックでお買い物ページに行けます。

こぼうも毎朝、洗ってからササガキを作っているんですよ。
だからこぼうの風味がきいた美味しい天ぷらになっています。


その他にも美味しいお詰め合わせをご用意いたしております。
お買い物は、桂馬蒲鉾オンラインショップへお越しくださいませ(*^^*)





仲村
author:, category:蒲鉾のあれこれ, 13:04
comments(2), -
新商品☆
最近は、9月から販売予定の、2009年秋の新商品試作&リニューアルに向け、みなさんにもいろいろ意見を聞きながら、進めていますおはな







全部同じ大きさに手取りするのも、なかなか難しいのですが、器用な若手2人は、いろいろな大きさに揃えて取ってくれます。







蒸したり、焼いたり、揚げたり・・・



今日は種類が多かったので、てんてこ舞いでした。((+_+))



『あれ?!これは、お芋が何グラム入っとったんかのぅ〜?』



『これは揚げるんよね?』

『ありゃ〜!!間違えて揚げてしもうた〜びっくり



『いや、これは揚げたほうが美味しいかもしれんで!』



などなど、試作にはハプニングがつきものですたらーっ



こうやって、みんなが、協力してくれ、意見を出し合い、新商品が誕生します。感謝です。



このあと、出来上がりをみんなで試食します。モグモグ

その時は、販売担当の女性の意見もいろいろ聞いてまた、考えなおし、『これだ〜!!』というものができるまで何回も試作を繰り返します。



これから試食です。ドキドキ・・・






今日は、商店街の七夕の飾り付けけがありました。とても賑やかです♪

こどもたちの夢がいっぱい詰まった七夕飾りを、明日の土曜夜店と共に楽しんでみてはいかがですか(*^_^*)♪







桂馬蒲鉾ホームページ

尾道 観光情報 おのなびおはなハート

author:, category:蒲鉾のあれこれ, 12:07
comments(4), -